HISAGO

ラベル・コンピュータ帳票・伝票・ステーショナリーのヒサゴ

  • 商品情報
  • 活用事例
  • イベント・キャンペーン
  • 会社情報
  • リンク

ヒサゴトップページ  > 活用事例 > 活用詳細

活用事例

毎年5月の第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」とされています。
日本でも5月は「フェアトレード月間」と呼ばれ、イベントやキャンペーンなどが開催されています。
みなさんも日常の身近なところから、フェアトレードについて考えてみませんか?

ヒサゴの「サステナブルクラッポ バナナ20%」は、廃棄処理されていたバナナの茎を使用して作られたフェアトレード認証紙です。
購入することで、ザンビアの人たちの安定した暮らしを支えることができます。

フェアトレード認証紙 サステナブルクラッポ バナナ20%

世界フェアトレード・デーのイメージ

アップサイクル紙を使用した「サステナブルクラッポ」

サステナブルクラッポ 捨てられていたものが価値を持った。アップサイクル素材のクラッポです。

ヒサゴの「クラッポシリーズ」にアップサイクル素材を使用した用紙が仲間入り!

カカオ・米・ニンジンといった身近な素材の廃棄されていた部分に手を加えることで、「サステナブルクラッポ」として生まれ変わりました。
案内状やエシカル商品のPOP・メニューなど、素材と風合いを選んでご使用いただけます。

サステナブルクラッポ カカオ

カカオ豆の皮をアップサイクル

チョコレートを製造する際に生じる「カカオ豆の皮(カカオハスク)」を紙の原料に配合しました。
両面の色の違いを楽しめ、どちらの面にもカカオハスク粒が見えます。

サステナブルクラッポ パームヤシ

ヤシカサをアップサイクル

植物油の中で世界一の生産量を誇る、パーム油を製造する際に生じる「ヤシカサ」を紙の原料に配合しました。
両面の色の違いを楽しめ、どちらの面にもヤシカサの細かい繊維が見えます。

サステナブルクラッポ バナナ

バナナの茎をアップサイクル

オーガニックバナナの茎から取った「バナナ繊維」を使用しています。

アフリカのザンビアで育てられたオーガニックバナナの茎から取った「バナナ繊維」を使用して作られた紙です。
購入することで、ザンビアの人たちの安定した暮らしを支えることができます。
また、日本の伝統技術「越前和紙」の匠の技を活かし、日本の越前和紙工場で生産されています。

ザンビア イメージ画像

バナナペーパーのココがすごい!

バナナは1本の茎に1回しか果実を付けないため、収穫時に茎ごと切ってしまいます。
切った後は1年以内にまた新しい果実を付けますが、茎はその都度廃棄されてきました。
バナナペーパーはそんな茎から「バナナ繊維」を採取し、原料に使用しているため、木から作られる紙と比べてサステナブルな仕組みの中で紙を作ることができます。

サステナブルな仕組み イメージ画像

バナナ20%フェアトレード認証紙で、さらにクライメートポジティブの紙でもあります。

フェアトレード認証

バナナの茎はフェアトレードに沿って取り引きされています。
中でもバナナ繊維20%以上配合のバナナペーパーは、「WFTO国際フェアトレード認証」を受けています。
貧困と環境問題を解決する商品ということを表しています。

※原料調達から生産までのすべての工程で、WFTO(世界フェアトレード機関)が定める基準をクリアした団体に与えられる、第三者認証のラベルです。

フェアトレードとは

貧困のない公正な社会をつくるために、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することで、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」です。

クライメートポジティブ

フェアトレード認証のバナナペーパーは、ザンビアでのバナナ繊維作りから日本の工場での紙生産分まで、すべての工程におけるCO2排出量の約150%のCO2を吸収・固定化しています。

※配合するFSC®またはリサイクルパルプを含む。

クライメートポジティブとは

温室効果ガス削減量を排出量より多くするための取り組みで、事業や商品生産における工程で排出するよりも多くのCO2を吸収・固定すると同時に、パリ協定の「世界の平均気温上昇を1.5℃未満に抑えることを目指す」目標に沿って排出量の削減を続けることです。

サステナブルクラッポ あずき

あずきの殻をアップサイクル

本来であれば、廃棄物として処理される小豆の殻を混ぜ合わせて作った紙です。
印刷では再現できない落ち着いた模様と、温かい色調が特長です。

サステナブルクラッポ 米

廃棄米をアップサイクル

食べられなくなったお米を使った紙素材kome-kamiを使用しています。
食用に適さない古米、廃棄予定の備蓄米、メーカーなどで発生する破砕米、食用では使えなくなってしまったお米などを活用しています。
日本に古くからある、紙にお米を使う文化を新技術で生まれ変わらせた伝統的で新しい素材でもあります。

サステナブルクラッポ 野菜(ニンジン)

ニンジン皮をアップサイクル

にんじんの皮をアップサイクルした紙素材「vegi-kami にんじん」を使用しています。
加工工場から回収したにんじんの皮を細かく砕き、均一にパルプと混ぜ合わせ作られています。
白色ベースの紙に、ほのかに皮のつぶつぶが混じっています。

サステナブルクラッポ ビール

モルト粕をアップサイクル

クラフトビールを醸造する過程で出るモルト粕を使った紙素材「クラフトビールペーパー」を使用しています。
モルト粕はひと月の醸造で2000kgほど出ることもあり、そのほとんどが廃棄となっています。
そんなモルト粕を紙に混ぜ込んで作られたクラフト紙です。

すべての廃棄を価値あるものに。
フードロスペーパーは、フードロスや廃棄される食材を使って価値ある紙に変換された素材です。様々な再生素材と組み合わせることができ、企業や自治体のSDGs活動を紙素材を使って応援しています。
売り上げの1%をフードバンクに寄付することで、少しでも食品ロスを有効活用できるようにフードバンクを応援しています。

 

■品番に「FSCSC」がついた商品は、FSC®森林認証製品です(FSC®-C002242)。
この製品は、FSC®認証材、再生資源、およびその他の管理原材料から作られています。
品番に「FSCSC」がついていない商品は、FSC®森林認証製品ではありません。


TOP